建設業界の中卒就職雇用促進に期待する

建設業界の中卒就職雇用促進に期待する

 

建設業界の中卒就職雇用促進に期待する

 

 

 じつに56年ぶりのオリンピック東京開催が決まったことは、国民にとって明るいニュースとして受け止められました。2013年はアベノミクスが騒がれて、金融市場も円安株高と活況を見せましたが、国民生活の具体的な景気向上面は今ひとつハッキリ感じられない人が多かったことでしょう。

 

 しかし、このオリンピック東京開催が決定したことで、開催エリアの建設計画や道路整備、それに伴う大量の雇用も見込まれています。日本全国で海外からの観光客を受け入れる体勢づくりも始まっているようです。

 

 

建設業界は期待大

 

 オリンピック東京開催が決定した時、一番喜んだのは土木、建設業界だと言われています。開催エリアはもとより東京をはじめ、さまざまな地域の土木、建設業界が喜んだのはなぜでしょうか。

 

 それは、建物や道路などの経年劣化による危険性が懸念されていた点について、「観光立国である日本」を実現するためには、改善していかなければならないからです。「おもてなし」が口先だけではいけないことは誰もが知っています。日本は、安全で信頼できる国であることを、建物や道路の整備によって示さなければならないのです。そこで土木、建設業界は大きな発注を見込み、雇用も促進されることが期待できるのです。

 

中卒にも好条件が多い土木、建設業界

 

 土木、建設といった業界では中卒の人にも広く門戸が開いています。とりわけ現場では学歴ではなく、手や身体で覚える技術や職人技を求めることが多いのも特徴です。

 

 中卒で就職を考えている人は、土木や建設業界を中心に求人を探すと好条件の会社が見つかると思われます。オリンピック施設が集中する東京はもちろんですが、主要都市や観光地近辺は狙い目のエリアとなるでしょう。また土木、建設業界だけでなく、宿泊施設、飲食店などでも中卒の雇用促進が見込まれています。


トップページ 求人を探す5つのステップ いちおし求人サイト