転職率とは?

転職率とは何か

 転職率とは、ある業界や企業において毎年どれだけの人材が転職しているのかを示す数値です。具体的には、転職者の数を全労働者の数で割り、それに100を掛けたものであると言われています。

 

 ただ、人材の年齢や業種、職種によってデータが異なるので、自分の状況に合わせて個別に計算する必要があります。この転職率も、効率的な転職活動の指針を得るためには大変参考になります。

 

 何故なら、自分が転職を目指している業界や企業において毎年どのくらいの人材が動いているのかを知ることにより、自分の転職活動の難易度が分かってくるからです。

 

 難易度が分かれば次にどのような戦略を立てれば良いのかも見えてきます。また、転職率からは転職理由や転職後の賃金の変動についてのデータを得ることも可能です。

 

 データによっては転職すべきか否かさえ分かってくることもあります。いずれにせよ、自分の生活を守るための情報を入手できることは確かです。

 

 

転職率の調べ方

 厚生労働省の公式ホームページでは、「雇用動向調査の概要」というデータを公表しています。そのうちの「転職入職者の状況」という項目が転職率に該当するものです。

 

 年齢別の転職率や転職理由、そして転職後の賃金変動についてのデータを見ることが可能です。

 

 

《関連記事》
自己分析の必要性
企業研究をしよう

 


トップページ 求人を探す5つのステップ いちおし求人サイト