求人情報媒体を利用しよう

様々な求人情報媒体

 求人情報媒体には様々なものがあります。公立の職業安定所であるハローワーク、主にリクルート系企業やその他の企業によって運営されている転職サイトや転職エージェント及び求人サイトが代表的です。

 

 この他にも今までの仕事から培ってきた人脈や、家族や友人を通じたコネなども求人情報媒体として数えられます。こうした数々の求人情報媒体を上手に活用することで、より精度の高い情報を手に入れることができます。

 

 

求人情報を有効活用しよう

 求人情報媒体といっても様々なタイプが存在していることは上に挙げた通りですが、転職活動を思い通りに進めるためにはこれらを有効活用しなければなりません。

 

 そしてそのためにはそのうちの一つだけを利用するのではなく、複数を上手に使い分けて情報の精度を上げなくてはなりません。

 

 例えば、転職サイトと転職エージェント(プロのキャリアアドバイザーやコンサルタントから求人の紹介を得たり転職のアドバイスを受けたりできるサービス)を同時利用したり、総合型転職サイトと職業・地域限定型の転職サイトを使い分けしたりするスタイルがおすすめです。

 

 それぞれが開催している転職セミナーなどにも積極的に参加し、求人以外の情報にも触れられるようにしておきましょう。

 

 

《関連記事》
転職サイトでの求人票のポイント
ブラック企業には気をつけること!
建築関連の職種に見られる、正規雇用と非正規雇用の違いとは

 


トップページ 求人を探す5つのステップ いちおし求人サイト