履歴書の見られるポイント

「誰が読む履歴書なのか」を考える

 履歴書はただの自己紹介ツールではありません。企業の採用担当者に読んでもらい、その企業にとって役立つポイントを見出してもらうための書類なのです。

 

 このように発想の転換をすれば、受かる履歴書とはどんなものかも自然に分かってくるでしょう。例えば、自己アピール欄や志望動機欄に書く内容が変わってきます。

 

 自分がその会社で何をしたいか、どんな社会人になりたいかではなく、その会社にとってどんなメリットをもたらすことができるかを中心に書けるようになります。

 

 実際企業としてもその人材が会社にとって利益のある人材なのか否かを知りたかっているのですから、この切り口は非常に重要です。ただ自己紹介をするだけではなく、どのように自分を売り込むかを考えながら文章を作っていきましょう。

 

 

きれいに丁寧に書いてあるか

 履歴書に書いてある内容だけでは採用担当者の心を動かすことはできません。せっかく素晴らしい内容が書かれていても、その字やフォーマットが汚ければ意味がないのです。

 

 一生懸命に書いた文章の効力を最大限に発揮するためにも、綺麗で見やすい履歴書を作成するようにしてください。また履歴書の用紙にシミやシワをつけないよう常に気を配りましょう。

 

 

《関連記事》
履歴書書き方をマスターしよう!
履歴書や職務経歴書での悩んだ時の解決法

 


トップページ 求人を探す5つのステップ いちおし求人サイト