服装に気をつけよう

黒のスーツが鉄則

 どんな業界や職種であれ、正社員としての雇用を目指すなら面接会場にはスーツで行きましょう。黒色のリクルートスーツが鉄則です。またネクタイを除く靴やかばんなどの小物も黒色で揃えるようにしてください。

 

 面接会場だけでなく、企業の説明会や転職フェア・イベントに向かう時にもスーツを着用します。このようなイベントの服装欄には「自由」と書いてあったり特に記載がなかったりする場合もあるのですが、これは「社会人ならスーツで来なさい」という秘密のメッセージなのです。

 

 このメッセージを見抜けるか否かによって採用担当者からの印象は大きく左右されることになります。

 

 

髪型やメイクにも気を配ろう

 面接会場に着て行っても遜色のないスーツを用意できたら、次に考えるのは髪型です。こちらも清潔感を重視し、だらしなく軽い印象を与えないようにしなければなりません。また、女性であればメイクの印象にも注意しましょう。

 

 いくら綺麗にお化粧できていても、面接官が「この人は化粧が若干厚いな」と感じてしまっては意味がありません。かといって薄すぎてほぼすっぴん状態のようなメイクもNGです。

 

 メイクコンサルタントなどに相談しながら、自分の魅力を最大限にひき立てなおかつTPOに適したメイクをするようにしましょう。

 

 

《関連記事》
面接対策をしよう!
面接でのNG集
面接後のお礼状とは?必要性はある?何を書けばいい?

 


トップページ 求人を探す5つのステップ いちおし求人サイト