面接後のお礼状とは?必要性はある?何を書けばいい?

面接後に出すべきとされる“お礼状”とは何か

 

 仕事を探すために活動している人の中には、面接後のお礼状という存在が気になってしょうがない人もいるのではないでしょうか。確かに、このお礼状というものはとても微妙な存在であり、果たして必要なのかといった議論さえしばしば巻き起こるほど。ここで、面接のお礼状という存在を改めて確認しておいてもいいのかもしれません。

 

 面接後に出すお礼状は、面接官や企業へのお礼の意味を込めて送る手紙のこと。ただ、必ず出さなければならないというルールにはなっていません。出したい人が出せばいいし、出したいと思わない人や必要性を感じない人は出さなくてもいい、そういった存在なのです。

 

“出した方がいい”と思っておく

 

 面接を受けたら必ず出すべきというものではありませんが、“出した方がいい”と思っておいた方がいいのかもしれません。なぜなら、必要性がゼロではないからです。

 

 誰かのために何かを実行したり与えたりした時、お礼を言われれば嬉しいと感じるはず。例えお礼や感謝というものを求めていなくても、相手がそうした態度に出てくれば嬉しく思い、好感を持つもの。

 

 面接後のお礼状もそういう類いのものと思っておきましょう。面接官も採用担当者も人間である以上、面接を受けてもらった人から気持ちのこもったお礼状が届けば、心には何かしら響くものがあるはずなのです。

 

 人間が応募し、人間が審査するからこそ出てくるお礼状の必要性。それは決してゼロではないので、“出した方がいい”と思っておきましょう。

 

お礼状には何を書くのが正解?

 

 お礼状の正解の形は、非常につまらないものなのかもしれません。最初に挨拶があり、お世話になったことへのお礼を書き、相手の幸せや健康を祈るような言葉を添えて、最後の挨拶で締める。

 

 お礼状とはそもそもそういったものですが、面接後のお礼状もこうした形を守るべきでしょう。このようなシンプルで、ある意味つまらないものがお礼状の正解と言えるのかもしれません。

 

 自分の気持ちを書くのはほどほどに。書くとしても1行か2行程度。相手企業や採用担当者を過剰に持ち上げるような表現も必要ありません。そうしたものが過剰に書かれたお礼状は不正解。魂胆が見え見えなので避けるべきです。

 

 

《関連記事》
服装に気をつけよう
面接対策をしよう!
面接でのNG集


トップページ 求人を探す5つのステップ いちおし求人サイト