入社式での自己紹介

簡潔な自己紹介を心がけて

 入社初日には挨拶だけでなく自己紹介も求められるケースがあります。この場合も挨拶と同じように、自分の名前や家族構成、趣味などに簡潔に触れる程度にとどめましょう。ただ短くすればするほど良いということでもありません。

 

 新しい上司や同僚が話しかけやすいような会話のネタをちりばめておくこともポイントの1つです。これは、職場でのコミュニケーションをできるだけ早く円滑なものにするために非常に役立ちます。

 

 

嫌がられる自己紹介とは

 入社初日の挨拶内容により、新しい勤務先で受け入れられるか否かの明暗が変わって来ることがあります。とにかく明るく、笑顔を忘れないように謙虚な姿勢ではきはきと話していれば特に問題はありません。

 

 しかし、不必要な自慢は控えるようにしてください。前職での功績などがそれに当たります。新しい会社は考え方も違えば、やり方なども違います。また以前勤めていた会社の悪口を言うのもやめましょう。

 

 「ここから転職したときも同じように悪口を言ったり噂を流したりするのだろうか」と捉えられてしまうからです。あたりさわりのない自己紹介をするように心がけると良いでしょう。

 

 

《関連記事》
入社挨拶を考える
途中入社での注意点

 


トップページ 求人を探す5つのステップ いちおし求人サイト