建築設計の求人情報サイト

設計求人を探すための5つのステップ

 

 「どうしても設計の仕事が良い!」そう思って求人を探す人も多いことでしょう。設計といっても、機械や建築・土木、IT、インテリアなどなど、幅広い分野で設計技師が必要とされています。商品やサービスの基本となる大切な業務ですから募集する企業側も慎重に選びたいのが設計の人材です。

 

 新卒者であれば専門学部を卒業したポテンシャルの高い人材を、中途採用であれば前職でかなりの業績を上げた即戦力が望まれています。ここでは設計の求人を探すための5つのステップをご紹介します。

 

 

1.まずは最初の心構え

 

 設計には経験に即した技術が要求されます。ポテンシャルが見込める新卒者以外はこれまでのキャリアを生かしたポジションを探すことが肝心です。

 

 常時希望の求人が出回っているわけではないので、転職希望者は現職を続けながら転職活動を開始するのがベストです。良い求人に出会うためにも長期戦で求人探しをする覚悟が必要です。

 

 

《関連記事》
自己分析の必要性
企業研究をしよう
転職率とは?

 

 

2.設計の求人情報を集める

 

 ネットが発達したお陰で忙しい社会人でも働きながら求人探しが容易になりました。就職・転職を意識したら何はともあれ早めに求人情報を集めましょう。業界大手の「リクナビNEXT」では24時間求人情報が閲覧できます。また「リクルートエージェント」ではネット上に公開できない非公開求人も多く扱っているので両方に登録しておくと求人の取りこぼしが少なくすみます。

 

 

《関連記事》
求人情報媒体を利用しよう
転職サイトでの求人票のポイント
ブラック企業には気をつけること!
建築関連の職種に見られる、正規雇用と非正規雇用の違いとは

 

 

3.求人探しとエントリー

 

 少しでも興味のある求人が見つかったら、ともかくエントリーしてみましょう。履歴書・職務履歴などを作成しアプローチを始めます。どんなにキャリアがあっても、魅力的な応募書類が出来なければ、多くの応募者の中から書類選考を勝ち進むのは難しいものです。写真はプロに撮影してもらい、印象に残るような応募書類を作成しましょう。履歴書作成の秘訣などネット上でも確認できるので参考にして下さい。

 

 

《関連記事》
履歴書書き方をマスターしよう!
履歴書の見られるポイント
履歴書や職務経歴書での悩んだ時の解決法

 

 

4.面接でお互いをチェック

 最初の関門、書類審査に合格したら次ぎは面接試験です。この時点で企業側のあなたに対する評価はそれなりにあるわけですから、自身をもって挑みましょう。面接とはお見合いみたいなもの。お互いの相性を確かめ合うための場でもあります。あとでガッカリしないためにも、募集要項だけでは判らない企業のカラーなどもしっかりチェックしましょう。

 

 

《関連記事》
服装に気をつけよう
面接対策をしよう!
面接でのNG集
面接後のお礼状とは?必要性はある?何を書けばいい?

 

 

5.新天地へ行く前に円満退社をめざす

 

 いくつものハードルを乗り越え入社が決まったら、働いている人は退職を申し出る必要があります。内定をもらってホッと一息ついたのも束の間、最後のハードルを飛び超えなければいけません。できるだけ円満退職になるよう早めに退職願いを出しましょう。求人探しを始めた段階で、業務マニュアルなどを作成しておけば引継ぎもスムーズになります。これが終われば新天地があなたを待っています!

 

 

《関連記事》
入社挨拶を考える
入社式での自己紹介
途中入社での注意点

 


トップページ 求人を探す5つのステップ いちおし求人サイト